市役所の勤務時間は9時5時?出勤は何分前、退勤は何分後がいいのか?

公務員

こんにちは、アラサー公務員のミサギです。

これから公務員になる方は、出勤は何分前に市役所に到着すればいいのか、気になるかもしれません。

早く着いた方がいいとはわかっていても、朝はゆっくりしたいですよね。

勤務時間や通勤、退勤はどれくらいの時間になるのかについても見ていきます。

スポンサーリンク

市役所職員の勤務時間は?

市役所の勤務時間は1日7時間45分、週週38時間45分です。それに昼休みを合わせて、9時から17時30分くらいのところが多いです。まさに9時5時ですね。

たとえば神戸市は午前8時45分から午後5時30分まで、広島市は午前8時30分から午後5時15分です。

この時間に働く職員は、何分前に到着し、終業後何分後に退庁しているのでしょうか。

出勤

15〜10分前に来る人が最も多い

定時の少し前、15分から10分前に来る人が最も多いです。

始業時刻が9時だとすると、8時45分から8時50分ですね。

その時間に最寄り駅に着く電車には、職員が一斉に降車します。
毎日同じ車両にあの職員がいる、ということも大いにあるので、気になるなら時間か車両をずらしましょう。

1時間〜30分前

階級が上になるほど、早く来ている人が多いです。

勤務中はさまざまな決裁や会議があるので、新聞を読むなどの自分の時間を早朝に持ちたいのかもしれません。

5分〜3分前

あまり推奨されませんが、ギリギリに来てもたぶん文句は言われません。

しかし電車が事故などで遅れたら確実に遅刻する(遅延証明書があれば個人的な遅刻扱いにはならない)ので、もう少し早く来てもいいかなとは思います。

新人職員は早めに来た方がいい?

そうですね。新しく入庁した職員は、やる気あるアピールをするためにも、15分前には到着するのが無難だと思います。

時間ギリギリに来て荷物などバタバタさせているの、大丈夫かなと少し不安になります。

慣れてきたら、ギリギリ着でも堂々としておけばいいです(笑)

退勤

定時のチャイムと同時に帰る人は少数

仕事が終わったら1秒でも早く帰りたいですよね。

しかし私の働く市役所では、終業時刻と同時に退勤する人は少数です。再任用のおじいさんくらい。

早く帰るときは、「今日は病院なんで」とかあらかじめアピールする場合が多いです。

もちろん本来はそんなことしなくても、仕事が終われば帰ればいい話ですけど、雰囲気がちょっと。

無難なのは、終業後15分以上経ってから

他の市役所はわかりませんが、終業後15分から30分経てば帰ってもいいかな?という雰囲気になり始めます。

なぜか定時後に雑談が始まる場合もあります。

というか上司によっては雑談が多いので、それがなければもっと早く帰れる気がします。

自分の仕事が終われば、さっさと帰ってもいい

早く帰ると目立つと書きましたが、勤務終了後に帰るのは当たり前のことです。

自分の仕事が残っていて他の人に手伝ってもらっているとかならダメですが、その日の分の仕事が終わっていたら帰って大丈夫です。

「お先に失礼します」と挨拶だけはしましょう。

雰囲気的に帰りにくくても、実際誰も止めはしません。

まとめ

今日は市役所の出勤、退勤時間について見てきました。

  • 出勤は、15分〜10分前に来る人が多い
  • 新人職員は15分前までに来ると印象がよい
  • 退勤は、終業後15分以上経ってからが大多数
  • 自分の仕事をきっちりこなしていれば、定時後速帰ってOK

公務員は9時5時と言われますが、さすがにそれを貫いている人は少ないです。

まずは仕事に慣れて、それからできる範囲でサクッと帰りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました