市役所の新人の配属先はどこが多い?

公務員

こんにちは!

この春に市役所に入った方は、そろそろバテている頃でしょうか(笑)

今日は、市役所の新人がどこに配属されるか、だいたいの傾向について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

新人の配属先はどうやって決める?

人事課は、毎年各部署からの人員配置の希望を取りまとめています。

希望はたいていスルーされる、または働かない再任用が割り当てられます(笑)

しかし本当に足りないところは、次年度の採用計画に組み込まれます。

または、足りないというよりは、年度末の人事異動で抜ける予定の職員の代わりに新人を配置させる。

つまり人が不足している課の追加要員か、職員が異動する場合の代替要因として新人は配置されます。

新人はどこに配属されることが多い?

では、新人はどこの課になる可能性が高いでしょうか?

印象では、福祉、税、子育てなどの不人気部署が多いです。

やはり大変な部署は人が足りないか、病んで休んでます(苦笑)

今ならコロナ関係の部署に配属になる可能性も高いです。

ニュースで電話対応や枠凛の調整に追われる職員の様子がときどき放送されますよね。

しかし単純に異動のタイミングで、観光、広報といった人気部署に配属されることもあります。

こればかりは人事の采配なんでどうしようもありませんね。

志望動機は配慮される?

学部で学んだことや志望動機は、最初の配属で考慮されるのでしょうか?

絶対ではありませんが、考慮される場合もあります。

「福祉に携わりたい」なんて語ったらわりと「どうぞどうぞ」という感じではないでしょうか(笑)

1年目で人事課に配属された人もいますが、さすがに志望動機で人事評価がどうとか言わないと思うので、学歴で決めてるのか?謎です。

以上、市役所の新人の配属について見てきました。

直接携わってはいないのでフワッとしていますが、どこに配属されても折れないメンタルが第一だと思います!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました