市役所のパートから正職員になれる?

公務員

市役所では、パートやアルバイト(最近は「会計年度任用職員」と呼びますが、わかりやすい「パート」という呼び方で統一します)の方も働いています。

パートさんの仕事などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

パートの仕事内容は?

  • 簡単な電話・窓口対応
  • 資料のコピー
  • データ入力
  • 郵便の発送
  • 来客へのお茶出し

など、正職員の補佐をしてもらうことが多いです。

パートの契約期間は?

パートの契約期間は1年以内です。

ただ、勤務実態に応じて再度任用される場合があります。

たとえば水戸市は、最大2回更新(=3年間働く)とあります。

パートはどんな人が多い?

パートで働く方は圧倒的に女性が多く、20代〜50代まで年齢はまちまちです。

男性は、就活がうまくいかずに一時的に働いている若い方がたまにいる程度です。

パートから正職員になることはできる?

パートから正職員には、採用試験に合格すればなれます。

試験なしで正職員になることはありません!

ただ、有利になる可能性はあります。

実際にその職場で働いているので、日頃から職員と普通に仕事をしていれば、「この人を正職員に採用したら周りとうまくやれそう」と面接で評価される可能性はあります。

志望動機も、現場を見ているので書きやすいと思います。

実際に、パートから正職員になった20代女性がいました。明るく、パートだった頃から職員とのコミュニケーションがうまくいっていたようです。

しかし公務員試験に年齢の上限があるため、その上限を超えると、パートから正職員になるチャンスはないです。

市役所は30歳を上限するところが多いですが、名古屋市福岡市は経験者枠で59歳を上限としています。

大きい市ほど、若くなくても即戦力を求める傾向があります。

市役所の正職員ではなくても、別の会社の正社員になって辞めるパートさんもいました。
私の知る範囲では、市役所のパートは残業がないので、就活はしやすいと思います。

まとめ

今日は市役所のパートについて見てきました。

  • 仕事内容はデータ入力などの事務補佐
  • 契約期間は基本的に1年
  • 女性が多い
  • 試験に受かれば正職員になれる

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました