公務員が仕事に疲れたときのストレス解消法

ストレス 公務員

こんにちは、ミサギです。

年末~年度末にかけて業務が繁忙期に入るので、ストレス溜まり気味です。

さて、公務員の仕事は、意外とストレスがたまります。

たとえば私は、怒鳴り散らすクレーマーに当たった日はその日寝るまで引きずります。
こういう心が弱めな人は、公務員は向いていかもしれないと思います…。

ストレスをためるばかりだと病気まっしぐらなので、私が普段行っているストレス解消法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

旅行に行く

できれば土日だけではなく、有休をとって3日くらい行けたらいいですね。

遠い場所でリフレッシュできるのはもちろん、休ませてくれた職場に自然と感謝できる場合があります。

日帰りでも、平日だと人が少ないので人気店でランチを食べると元気が出ます。

ゆっくりと景色などを楽しむため、スマホはグーグルマップ以外使わないようにしています。

旅先でもスマホに首ったけの人がいますが、疲れないんでしょうか?

甘いものを食べる

暴飲暴食はNGですが、一度思い切り食べたくらいでは人間太りません(と思いたい)。

食べた瞬間は幸せになれるので、たまには思い切り食べてもいいと思います。

ヘルシーなナッツ系のチョコやグラノーラなら、食べた罪悪感もそんなにありませんよ。

寝る前ならホットミルクがおすすめです。

ホッとしてよく眠れます。

運動する

少なくとも週に2回は走ったりジムに行ったりして、息切れするような運動をしています。

身体が疲れると、精神的なイライラを忘れることができます。

カロリーを消費できるし、一石二鳥です。

どうしても運動が嫌いな人は、一駅多く歩くのもオススメです。

厚生労働省のサイトによると、体重60kgの人が分速70mで10分間歩くと、約30kcalのエネルギーが消費できます。

ちりも積もれば、です。

イライラしたことを紙に書いて破り捨てる

イライラをとりあえず吐き出すために紙に書きます。

「〇〇ムカつく!」など、誰も見ないので好きに書きましょう。

それを破り捨てることでちょっとだけスッキリします。

内にたまったものが吐き出せた感じですね。

まとめ

以上、ストレス解消法を紹介してみました。

カラオケや読書もよさそうですね。

どれもストレスの根本解決にはなっていませんが、限界を超える前に吐き出すことが大事だと思います。

鬱病になると完治するまでに時間がかかり、治っても再発の可能性があります。

公務員だから休職できるとはいえ、かからないに越したことはありません。

日頃からまめに自分を癒してあげて、ストレスを感じる時間を減らしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました