公務員の冬休みはいつからいつまで?

こたつ 公務員

こんにちは、アラサー公務員のミサギです。

1年あっという間で、もうすぐ年末ですね。

今日は、公務員の冬休みは何日間あるのか?などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

冬休みは基本的に6日間

仕事納めは12月28日、始まりは1月4日で、合計6日間です。

きちんと条例で規定されており、たとえば東京都の職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の第11条では「十二月二十九日から翌年の一月三日までの日」とあります。

ただし、土日の関係で長くなることもあります。

たとえば12月28日が土曜日であれば、仕事納めは27日となり、合計7日間休みとなります。

仕事納めには仕事をしているのか?

仕事納めの日も、普通に仕事をしています。

他の会社では、年内の最終日に簡単なパーティーをするところもあるらしいですね!

市役所も昔は飲み会をしていたのかもしれませんが、何もありません。忘年会、新年会は別の日に設けるといったかんじです。

気分は正月休みの一歩前なので、問い合わせなどの案件はグッと少なくなります。

また、市長、各団体や議員などがあいさつ回りに来ます。

有休休暇をとって長期休暇にできる?

せっかくの6連休、有休とつなげて旅行にでも行きたいですよね。今年は難しいですが・・・。

制度的には、たとえば仕事納め前の12月26日から有休をとって冬休みを長くすることは可能です。

ただ、7年以上市役所にいてそのような人を1人も見たことがありません。

仕事納めと仕事始めに有休とる人は少ないですね。
私の働く市役所では、仕事納めと始めには出勤という暗黙のルールがあります。

やはりお世話になった人々に1年の締めのあいさつをするためなのか、ほぼ全員います。

正直下っ端にはあまり関係ありませんが、とりあえず空気を読んで出勤しています。

まとめ

以上、公務員の冬休みについて書いてみました。

6日はダラダラしているとあっという間に過ぎ去るので、有意義に過ごしたいですね!

コロナのために冬の休暇を延長、というニュースもありますが、そんなラッキーな話が実現するかは疑わしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました